学校の理念

私たちの教育アプローチの本質は?

モサ・バレエ・スクールでは、未来のバレエスクールを体現したいと考えています。最高のバレエのトレーニングを追求し、生徒と教師の人間性を調和させ、ソーシャルプログラム “When we dance (私たちが踊る時)”を通じて地域社会へ貢献することが学校の使命です。

モサの教育理念のポイントは?

モサ・バレエ・スクールの総監督兼芸術監督であるペドロ・カルネイロは、生徒たちが現在および未来のバレエ界に適応できるような教育を行うことをとても重視しています。バレエ教育を考えるときは、”グローバル “に考えなければなりません。

生徒は伝統的な教育だけでなく、とても強力な、充実した現代の教育を受けることが重要です。最近では、ほとんどの劇団が多岐にわたる活動をしていますので、学校では振付家と協力してワークショップを開いたり、生徒のために作品を作ってもらったりして、多方面での教育を提供しています。

教育方法としては、モサ・バレエ・スクールでは、ロシアのトレーニング法を採用しており、これはバレエ界の実態に合わせて調整され、進化しているものなので、生徒の役に立つものです。一方で、ペドロ・カルネイロは、フォーサイスやバランシンのような振付師のテクニックなど、他の流派(フランス、デンマークなど)のトレーニングにも触れてほしいと考えています。

生徒たち一人ひとりの私生活とのバランスや健康は、モサ・バレエ・スクールのビジョンの中でも一番の中核になるものです。そのため、ヨガや太極拳、Gaga(ガガ)などもカリキュラムに取り入れています。さらに、専門家のチームが生徒を心身ともにサポートします。

Mosa Training Young Girl © Olympe-Tits

「意識的な競争」とは具体的にどのようなこと?

成功するためには、競争し、追及し、より高いレベルに目標を置かなければならず、この学校のベースである「意識的な競争」はそれに基づいたものです。しかし、それは、自分自身との競争、という意味です。「意識的な競争」とは、誰に対しても敬意を払いながら、ポジティブな方法で自分自身を最大限に成長させるために自分自信と競争するという意味です。そうすれば、より良いダンサーだけでなく、より良い人間になることができます。創造力があり、自立していて、批判的な思考力を持った将来のプロフェッショナルになることができるのです。

教育プロセスの中心には常に生徒がいるべきです。バレエのトレーニングは、一人の教師や一人のエゴではなく、生徒のためのものなのです。

– ペドロ・カルネイロ

教えている分野

  • クラシックダンス
  • コンテンポラリー・ダンス
  • バリエーション/クラシックのレパートリー
  • バリエーション/コンテンポラリー・レパートリー
  • パ・ド・ドゥ
  • キャラクターダンス
  • 振り付けワークショップ
  •  体操

ヨガと太極拳のモジュールも追加されます。

ダンスを学ぶ年によっては、音楽、ダンス史、解剖学、栄養学、制作、自己管理、クラシックダンス教育学などの理論的なレッスンを受けて、グリッドを完成させます。

このリストは目安であり、変更される場合があります。年ごとの正確なグリッドは近日中にお知らせします。

Olympe-Tits © Olympe Tits

時間単位の負荷

 

ダンストレーニングの時間数は徐々に増加し、第3サイクルでは26時間30分に達する。

同時に、Athénée Charles Rogierが提供する一般教育のスケジュールは、中等教育1年目の26時間から最終サイクルの20時間に短縮されます。

第1学年14時間

(一般教養26時間)

2年目 15:00

(一般教養の25時間)

3年目 15時間30分

(一般教養23時間)

4年目 22h

(一般教養23h)

5、6年目 26時間30分

(一般教養20時間)